事業内容

果樹共済

果樹共済:りんご・もも(半相殺方式)

農家単位に被害樹園地の減収分のみにより損害を把握する方式です。

加入資格者

果樹の類区分ごとに5a以上栽培する農業者です。

イメージ:加入資格者
イメージ:加入の申し込みは、栽培する果樹ごとに全部の園地について申し込みをします。

加入できるもの

結果樹齢となった次の果樹について加入することができます。

種類 りんご もも
結果樹齢 5年 3年

共済の種類とその内容

種類 内容
減収総合方式 一般方式 果実の減収による損害を共済の対象とする
特定危険方式 減収暴風雨方式 最大風速13.9m毎秒以上又は最大瞬間風速20.0m毎秒以上の暴風雨による果実の減収による損害のみを共済の対象とする
減収暴風雨・ひょう害・
凍霜害方式
暴風雨、降ひょう又は凍傷若しくは降霜による果実の減収による損害のみを共済の対象とする

共済金額

共済金額
果実のキログラム当たり価額×農家の保有する園地収量の合計×保険に付する割合
  • 果実のキログラム当たり価額は毎年国が定めます。
  • 園地収量は管理条件・出荷実績などをもとに組合等が定めます。
  • 保険に付する割合は4割から7割(特定危険方式は8割)の間で農家が選びます。

共済掛金

農家負担の共済掛金=共済金額×共済掛金率×1/2
(共済掛金率は組合等及び品種により相違がある時があります)

  • 共済掛金のうち、半額を国が負担します。
  • 共済掛金率は、次のとおりです。
イメージ:共済掛金

共済責任期間

花芽の形成期からその花芽に係る果実を収穫するまでの被害が支払の対象となります。

イメージ:共済責任期間

対象となる災害

減収総合方式

風水害、干害、寒害、雪害、凍霜害、ひょう害、その他気象上の原因(地震・噴火を含む)による災害・火災・病虫害及び鳥獣害による果実の減収

特定危険方式

暴風雨・ひょう害・凍霜害等の特定の災害による果実の減収

共済金

損害の評価は現地での園地評価によって行われます。
共済金=共済金額×共済金支払割合(%)

損害割合ごとの共済金支払割合は、次のとおりです。

イメージ:共済金

※被害が見込まれる時は、速やかにご連絡ください。

果樹共済:りんご・もも(樹園地単位方式)

被害樹園地ごとに損害を把握する方式です。

加入資格者

果樹の類区分ごとに5a以上栽培する農業者です。

イメージ:加入資格者
イメージ:加入の申し込みは、栽培する果樹ごとに全部の園地について申し込みをします。

加入できるもの

結果樹齢となった次の果樹について加入することができます。

種類 りんご もも
結果樹齢 5年 3年

共済の種類とその内容

種類 内容
減収総合方式 一般方式 果実の減収による損害を共済の対象とする
特定危険方式 減収暴風雨方式 最大風速13.9m毎秒以上又は最大瞬間風速20.0m毎秒以上の暴風雨による果実の減収による損害のみを共済の対象とする
減収暴風雨・ひょう害・
凍霜害方式
暴風雨、降ひょう又は凍傷若しくは降霜による果実の減収による損害のみを共済の対象とする

共済金額

共済金額=樹園地ごとの共済金額の合計

樹園地ごとの共済金額=果実のキログラム当たり価額×園地収量×保険に付する割合

  • 果実のキログラム当たり価額は毎年国が定めます。
  • 園地収量は管理条件・出荷実績などをもとに組合等が定めます。
  • 保険に付する割合は4割から6割(特定危険方式は7割)の間で農家が選びます。

共済掛金

農家負担の共済掛金=共済金額×共済掛金率×1/2
(共済掛金率は組合等及び品種により相違がある時があります)

  • 共済掛金のうち、半額を国が負担します。
  • 共済掛金率は、次のとおりです。
イメージ:共済掛金

共済責任期間

花芽の形成期からその花芽に係る果実を収穫するまでの被害が支払の対象となります。

イメージ:共済責任期間

対象となる災害

減収総合方式

風水害、干害、寒害、雪害、凍霜害、ひょう害、その他気象上の原因(地震・噴火を含む)による災害・火災・病虫害及び鳥獣害による果実の減収

特定危険方式

暴風雨・ひょう害・凍霜害等の特定の災害による果実の減収

共済金

損害の評価は現地での園地評価によって行われます。
被害樹園地の共済金=被害樹園地の共済金額×共済金支払割合(%)

損害割合ごとの共済金支払割合は、次のとおりです。

イメージ:共済金

※被害が見込まれる時は、速やかにご連絡ください。

果樹共済:もも(全相殺方式)

農家のおおむね全量を共同出荷していることが条件となり、JA等の出荷資料により損害評価して減収量を把握する方式です。

加入資格者

果樹の類区分ごとに5a以上栽培し、果実の生産量のおおむね全量を過去5年間において果実の出荷に関する資料の提供協力が得られるJA等に出荷しており、かつ、今後も当該果実の生産量のおおむね全量を当該JA等に出荷することが確実であると見込まれる農業者です。

イメージ:加入資格者
イメージ:加入の申し込みは、栽培する果樹ごとに全部の園地について申し込みをします。

加入できるもの

結果樹齢となった次の果樹について加入することができます。

種類 もも
結果樹齢 3年

共済の種類とその内容

種類 内容
減収総合方式 果実の減収による損害を共済の対象とする

共済金額

共済金額
果実のキログラム当たり価額×農家の保有する園地収量の合計×保険に付する割合
  • 果実のキログラム当たり価額は毎年国が定めます。
  • 園地収量は管理条件・出荷実績などをもとに組合等が定めます。
  • 保険に付する割合は4割から7割の間で農家が選びます。

共済掛金

農家負担の共済掛金=共済金額×共済掛金率×1/2
共済掛金率は組合等及び品種により相違がある時があります)

  • 共済掛金のうち、半額を国が負担します。
  • 共済掛金率は、次のとおりです。
イメージ:共済掛金

共済責任期間

花芽の形成期からその花芽に係る果実を収穫するまでの被害が支払の対象となります。

イメージ:共済責任期間

対象となる災害

減収総合方式

風水害、干害、寒害、雪害、凍霜害、ひょう害、その他気象上の原因(地震・噴火を含む)による災害・火災・病虫害及び鳥獣害による果実の減収

共済金

損害の評価は現地での園地調査ならびに出荷数量調査によって行われます。
共済金=共済金額×共済金支払割合(%)

損害割合ごとの共済金支払割合は、次のとおりです。

イメージ:共済金

※被害が見込まれる時は、速やかにご連絡ください。

COPYRIGHT © NOSAI HIDA. All rights reserved.